ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゆず」との縁 
2007.02.03.Sat / 10:10 
ちょうど1年前の今日。
朝起きると「ゆず」はめずらしくシェルターの中にいた。
嫁さんが「ゆず、シェルターに入ってるよ」と。
あまりシェルターには入らないほうだったので、「ん?」とは思ったが、とりあえずいつものように嫁さんを職場まで送り、すぐに家に戻った。

なんとなく嫌な予感がして「ゆず」をシェルターから出した。
いつもより冷たく感じた。
もうほとんど動けなくて、薄ら開いた瞳には生気が感じられない。

温浴をさせた。
顔をお湯につけたまま動かない。
しばらくして重そうに頭をグゥゥッと持ち上げた。
そこで一度、欠伸のような仕草をしてから、パタッと力なく首が折れた。

本当はわかっていたがどうしても受け入れたくなかった。
もう、「ゆず」には御迎えが来ていることを。

体をキレイにしてあげて、手で優しくそっと包んだ。
しばらくそうしていた。
自分の寿命を少し分けてあげたいくらいだった。
もう目も開けられない「ゆず」。
その姿を見て、薬だ何だとはならなかった。
ただただ、静かに見守っていた。

「ゆず」をホットスポットに置いた。
もう前足は動かすことができない。
後ろ足で体を引き摺る感じで少し移動した。
そして、首だけグゥーっと引っ込めた。
それから「ゆず」が顔をだすことはなかった。

もう一度「ゆず」を掌にのせた時には、少し死後硬直が始まっていた。
それでも間接は少し動くくらいだったので、前足と後足を甲羅の中におさめる。
この時の「ゆず」の体重はたった31g。
前日量った時はたしか44gあったはずなのに…あれは量り間違えたのか?

「ゆず」と過ごした45日間は忘れる事はない。
なんとか助けたかった。ごめんね…「ゆず」。

「かりん」を温浴させている時、無意識にケージを見てしまったり、
間違って「かりん」を「ゆず」って呼んでしまったり。。。
っていうことが、しばらく続いた。
そこに「ゆず」の姿はないのにねぇ。

「ゆず」が亡くなったことは病院にも伝えたのだが
数日後、供花が届いた。

P1010048.jpg

ただの飼育者の自己満足かもしれないが、
「ゆず」のことをこのブログに残せてよかった。

新しい命が誕生することに命の大切さを感じたり、
命の大切さを学ぶことは至極普通の事だと思う。
だけど、命の大切さってそれだけじゃない。
失うことで命の大切さを感じたり学ぶ事だってある。

引きずる訳ではないが、
これからもずっと「ゆず」は僕と嫁さんの心の中に生き続ける。

「ゆず」との縁が切れることは無い。
スポンサーサイト
バナー

夜な夜なカメ生活

リンクにお使いください(´ー`人)
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
念願の爬虫類飼育が始まりました。
爬虫類反対派だった嫁さんをもトリコにするほどの癒し系なカメ。
笑いあり涙ありの我が家の夜な夜なカメ生活の始まりです(^-^)v

ランキング

↑レッツ亀友探し!ポチッと♪↑
日光浴予報
干しましょう。甲羅。

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 夜な夜なカメ生活 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。