ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シロウト判断 
2006.12.27.Wed / 19:06 
床材を赤玉土に変える前の湿度は30%。
1日の平均湿度が30%くらいだった記憶がある。
平均だからこれより少し高い時もあれば低い時もあった。
一見、食欲もありもしかしたら治るかもと思ったが、
こんな環境で病気を治せるわけがない。
直さなければいけないのは、まずこの飼育環境だった。

ケージ内の湿度が低かったせいか
水入れに浸かっている「ゆず」の姿をよく見掛けた。

P1000830.jpg   P1000833.jpg

ホットスポットの熱で温められた微温湯に浸かって
そのまま寝てしまうことも度々あった。


床材を赤玉土に変えてケージ内の湿度は前よりはいくらかマシになったが、それでも数値的にはたしか平均50%か50%を少し切るくらいだったような記憶がある。

この時使っていたケージは90cmのガラス水槽で付属のガラス蓋があり、保湿のために蓋をしたこともあった。これだと簡単に80%とかそれ以上に上げることができたが、蓋をしたことでほぼ密閉状態のケージ内はただ単に蒸れているとしか考えられなたかったので、蓋はすぐに外した。

それからも「ゆず」はあいかわらず水入れによく浸かっていたので、温浴は「かりん」よりも少なめにしていた。逆に「かりん」の方があまり水入れに行っている様子がなかったので、わりと頻繁に温浴をしていた。

「ゆず」と「かりん」を迎え入れて1週間。
どちらも鼻水を垂らしてはいるものの体調は回復傾向にあるように感じた。
「今週中に治らないようならまた連絡ください。」
と言っていたショップに問い合わせるわけでもなく…
病院に連れて行くわけでもなく…

P10000837.jpg

「体調は回復傾向。きっと治る。」という勝手なシロウト判断のせいで、
「ゆず」の小さな体は少しずつ確実に病魔に蝕まれていった…
スポンサーサイト
* テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット *
バナー

夜な夜なカメ生活

リンクにお使いください(´ー`人)
プロフィール

KOJI

Author:KOJI
念願の爬虫類飼育が始まりました。
爬虫類反対派だった嫁さんをもトリコにするほどの癒し系なカメ。
笑いあり涙ありの我が家の夜な夜なカメ生活の始まりです(^-^)v

ランキング

↑レッツ亀友探し!ポチッと♪↑
日光浴予報
干しましょう。甲羅。

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

CopyRight 2006 夜な夜なカメ生活 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。